会社経営をする場合には、営業行為が必要になりますが営業支援ツールなどを使っている会社はあります。この営業支援すると言うのは、営業支援する事ですが具体的には、例えば営業マンの訪問履歴などを記録するものです。営業マンが訪問する場合、定期的な訪問が必要になるわけです。何故かと言えば、定期的な訪問をしなければお客さんがその会社のことを忘れてしまう可能性があるからです。

そうすると、結果的にはあまり長期的に訪問しないとあるいは接触しないとお客さんが離れていってしまい、せっかくの顧客も離れてしまいかねません。そうすると新規顧客を開拓すれば良いと言う話になりますが、新規顧客を開拓する場合は膨大なお金をかけなければいけないため、ほとんどメリットがないといえます。それよりは、既存の顧客の顧客管理をしっかりし、それを継続的に続けることが利益を出すための方法かもしれません。営業支援ツールは、そのような情報を残しいつでも閲覧可能なようにしています。

会社のデータに起こすだけでなく、スタッフが持ち歩いているスマートフォンなどに記録されることで、前回の訪問履歴等を職場から離れたところで見ることができるでしょう。そうすると、次いつ訪問しなければならないのかあるいは、前回訪問から随分と時間が離れてしまっているため、すぐに会わなければならないと言う危機感を持って取り組むことができます。あるいは、その上司が顧客の履歴などを見ることで、従業員に対して的確な指示をすることができるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です