世の中には営業支援ツールと呼ばれるものがあり、これを積極的に利用している会社があります。営業支援ツールのメリットは、営業支援をしてくれることになりますので、客観的に無駄を省くことができます。多くの日本企業では、この営業支援のようなツールを使っているわけではありませんが、方向性としては作業効率化を図る方向に進んでいるでしょう。一昔前の日本からすれば、かなり作業効率が高まりましたが、それでも諸外国に比べればまだまだレベルが低いといえます。

ちなみに、作業効率だけを見れば日本はG7の中で1番ビリになるわけです。このように作業効率が悪いのは、経営者の考え方が硬く、昔のやり方に固執しているからあるいは思い切った改革をしようとしないからと言えるかもしれません。そんな中で支援ツールを使えば、より効率的に無駄を省くことができます。特に忙しい営業マンを残業させないことにより残業代を支払う必要はなくなるでしょう。

結果的に、良い流れが出来上がることになります。ただ営業支援ツールを導入する場合もそれなりにお金がかかります。導入する場合は、最初からセットで購入してしまう方法もあるでしょう。ただその場合には初期費用がかなりかかりますので、クラウドサービスなどを利用しレンタルをしてみても良いです。

レンタルをすれば、初期費用はあまりかかりませんが毎月決まったお金を支払うことになります。この点をよく比較してみることが大事かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です