仕事の作業が遅れるケースは多々ありますが、何割かは人間がミスをしていることが原因になります。例えば営業マンが間違えた営業をかけてしまい、それをお客さんに訂正しに行くときには、時間と労力を要します。同時にストレスがかかりますが、このようなミスは実はゼロに減らすことができません。とは言え、現在ミスをしているうちの8割から9割ぐらいは減らすことができるでしょう。

どのように減らしたら良いかは具体的な事例によって異なりますが、いずれにしてもちょっとした注意力不足によりミスが増えるわけです。そうすると、必要以上に働かなければいけない上に、会社としても何のメリットもありません。社員は長時間労働をする上に給料が変わらないとなれば、可能な限りくだらないミスをなくした方が会社の為にもそして従業員の為にもなります。当然お客さんにとっても、そっちの方が良いに違いありません。

このようなミスを減らすための方法の1つが、営業支援ツールを使うことです。例えば、お客さんを間違えてしまった場合などは、事前の確認が必要ですが確認をするためにはしっかりとしたそしてわかりやすいデータが必要です。そのデータさえあればミスをしなかったにもかかわらず、しっかり見れていなかったとすれば営業支援ツールなどを使ってよりはっきりとした状態にしておくことが望ましいです。しかも営業支援ツールは、特定の人だけが見るわけではなく、複数の人が閲覧できるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です